BACK



作品
千羽理應(副家元)の時代 1998〜2009

■三世 千羽理芳 2010〜













素顔

ブログ

古便器蒐集家

家元紹介


 
千羽 理芳 (せんば りほう)

古流松應会 会長・家元

褐テ流協会常任理事 (財)日本いけばな芸術協会評議員

いけばな協会理事 JFTD学園/日本フラワーカレッジ特別講師

(2011年4月現在)

略  歴
1966年 東京都に生まれる。
1991年 古流松應会家元嗣に就任
1992年〜 国内展覧会など定期的に出瓶
1995年 古流松應会副家元に就任
2006年   横浜市開港150周年プレイベント
「花と器のハーモニー」
エリスマン邸コーディネーター
「大地の芸術祭越後妻有トリエンナーレ」参加
2007年 (社)いけばなインターナショナル福岡支部にて
デモンストレーション
2008年   『今日から花をきれいにいける』(講談社)共著
(社)いけばなインターナショナル南アフリカプレトリア支部において
デモンストレーション、ワークショップ
 国際交流基金においてデモンストレーション
2009年  (社)いけばなインターナショナル鎌倉支部にて
デモンストレーション
古流松應会10代家元三世千羽理芳を襲名
2010年 (社)いけばなインターナショナル東京支部にて
高円宮妃殿下御臨席のもとデモンストレーション
2011年 (社)いけばなインターナショナル神戸支部にて
デモンストレーション

東日本大震災チャリティイベントのデモンストレイター参加